からだのちから公式LINEアカウントからだのちから公式LINEアカウント

当院について|足の専門院 からだのちから(メディカル整体達矢整骨院)|六甲道・新在家にある足の痛み、むくみ、関節痛専門治療院

予約制

お気軽にご相談・お問い合わせ下さい

078-821-2236

> 当院について

当院について
About us

様々な痛みに悩んでいる患者さんの痛みを少しでも楽にできるように毎日治療に励んでいます。
アドバイス・アフターケアも充実しています。

からだのちからが選ばれる理由

当院独自の足裏分析装置×メディカル整体と歩行×運動の指導

  • ①約90%の方が一回で違いを実感!「あっ なんか楽♪」を体感ください!
  • ②区役所や自治体と連携して体操教室などを行ってきたので施術後の運動指導もお任せ!
  • 当院独自の足裏分析装置であなたの足の状態、浮き指、姿勢を分析。オーダーメイドの施術を行います!
  • ④当院は(公社)兵庫県柔道整復師会、NPO法人フットサポート・ピドクラブに所属しており、安心・安全な治療院です!
からだのちからが選ばれる理由

-からだのちからが選ばれる理由-

3つの柱でからだのちからを引き出します

  • ・独自の分析装置で「分析」 いたします
  • ・確かな経験で「指導」いたします
  • ・確かな知識で 「施術」いたします
3つの柱でからだのちからを引き出します

施術内容

普段、さまざまな理由で病院に行く機会がない方も多いのではないでしょうか?
そんな方にこそ、少しの時間でも健康管理、体のメンテナンスを普段からしっかり行っていただきたい!
私たちは、あなたの健康・暮らしを応援・サポートいたします。

  • メディカル整体

    メディカル整体

    現在のからだの状態を知り、本来の正しいからだの状態へ導きます。

  • パーソナルマッサージ

    パーソナルマッサージ

    お仕事やスポーツでの筋肉疲労や、肩こり・腰痛の方

  • インソール作製

    インソール作製

    足・膝の痛みや腰の痛み、身体の歪みなどでお困りの方

  • ボディケア

    ボディケア

    家事や育児でお疲れの主婦の方からアスリートのメンテナンスまでご利用いただけます。

治療方法について

からだのちからでは、下記の治療器や療法で患者様の「辛い」・「痛い」
そんなお悩みを解決のするべく、日々施術に励んでおります。

手技・マッサージ

手技・マッサージ

マッサージには、全身の体液(血液・リンパ液)の流れをよくする効果があります。というのも、病気の原因になるのも、回復させるのも、体液の循環が重要となるからです。体のコリやクセは、血液の流れを悪化します。血液が流れないと浄化が遅れ、様々なトラブルに繋がる恐れがあります。

インソール作製

機材

機材

低周波治療器

(日本 MEDIX TRIMIX LINUS TM-5502)最新鋭のSSP療法器(低周波治療器)です。東洋医学の鍼麻酔の鎮痛作用と、西洋医学の電気治療(低周波治療)の組み合わせで実現したSSP療法器は、その治療効果により幅広い分野で認められ、文献数は280以上にも及び、今や世界的にも広がっています。生体に対して心地よい刺激を行う「1/fゆらぎ」モードを継承し、リラクゼーション効果が期待できます。さらに出力電流にも1/fゆらぎを採用した「V:1/fゆらぎ」モードを搭載しました。従来の「シングルスパイク波」の他「ダブルスパイク波」を採用、より多くの電流による効果的な治療が可能です。

ローラーベッド

ローラーベッド

(オートヘルサー DZ2000)ベッド型マッサージ器。10種類のマッサージ機能を駆使し一人ひとりに最適な治療。 「1/fゆらぎ」の音楽で心身ともに安定した状態が、治療効果を高めます。

整骨治療について

骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷・首、肩など関節の痛み・スポーツ障害に対する痛みには整骨治療を施します。

骨折
骨折の場合、骨自体には神経がないのですが、骨折を起こすと骨の表面にある神経が集中している骨膜が破壊されて、ほとんどの場合で強い痛みを伴います。内出血や骨転位により変形や異常可動性、腫脹を起こすほか、受傷部の運動が困難になります。
当院で施術可能な骨折は、非開放性(骨が皮膚から飛び出してないもの)の骨折です。また粉砕骨折といって骨が粉々になったものも場合によってお断りします。病院・医院などでレントゲン写真を撮影し、客観的な判断とともに施術します。
脱臼
脱臼直後より可及的早期に施術を受けてください。時間が経過すればするほど脱臼は施術困難になり、元に戻らなくなります。(顎関節や肩鎖関節脱臼に関しても同様です。)
打撲
軽視しやすい打撲ですが、放置しておくと将来的に関節や筋肉の動きが悪くなることがあります。特に広範囲の打撲や関節周囲の打撲などは特に注意が必要です。
捻挫
打撲同様、軽視しやすい外傷ですが、捻挫の癖をつけないためにも必ず治療しましょう。中には関節が不安定なこともありますのでそのときは正常な位置に戻す必要があります。
挫傷
打撲と同じく軟部組織 (筋など)に糜爛(びまん)性の内出血が見られたり広範囲の筋肉痛が見られたりします。きちんと検査し、早めの治療が重要です。